• LCC基本ガイド

はじめてのLCC!分かりやすいLCCのチェックイン方法と乗り方

はじめてのLCC!分かりやすいLCCのチェックイン方法と乗り方

LCCのチケットを購入し空港までの交通手段を確認したら、次は実際にLCCに乗ってみましょう!「チェックインは?」「荷物は?」はじめてLCCを利用する方のために、LCCに乗る際の流れとポイントを分かりやすく紹介します。

まずはチェックイン・ LCCの搭乗手続きはどうやるの?

LCCに乗る場合、まずは空港のカウンターで「搭乗手続き・チェックイン」が必要です。

成田空港などターミナルが複数ある場合は自分の利用するLCCがどのターミナルを利用するのか事前にチェックしておきましょう。

チェックインには「予約確認書」が必要!

国内線の乗客は利用する航空会社のカウンター前にある自動チェックイン機で搭乗手続きを行います。基本的にセルフサービスになっているので、画面の案内に従ってチェックインを行います。

国際線の場合はパスポートの確認が必要なので原則カウンターでのチェックインとなります。

チェックインする際には航空券を予約した際にメールなどで送られる「予約確認書」に書かれた予約番号・QRコードが必要です。予約番号を忘れてしまった場合、本人確認できないと飛行機に乗れなくなってしまうこともあるので、予め印刷するか、スマートフォンで予約番号を見られるようにしておきましょう。

チェックインが終わると航空券が発券されます。コスト削減の関係で薄いレシート状の航空券が多いので、搭乗まで無くさないようにしてくださいね。

スマホ一つで搭乗できるLCCも!

ジェットスター・ジャパンなど一部のLCCではスマートフォンでチェックイン・搭乗できるサービスを行っている会社もあります。並ばず搭乗できるので、こちらもぜひ活用してみてください。

ジェットスター・ジャパン公式HP モバイル搭乗券

(ジェットスター・ジャパンでは国内線のみの対応)

大きな荷物はカウンターで預けよう・事前購入がお得

LCCは機内に持ち込む手荷物の大きさと重さに制限があります(会社ごとに異なる)。大きな荷物がある場合はチェックインカウンターで預けましょう。

当日空港で預け荷物を追加するのは割高なので、出発前に荷物のサイズや重さを測っておいて、事前に必要な分だけ荷物のオプションを付けておきましょう。

LCCも航空会社によっては預け荷物が無料の会社もあります。事前に各LCC航空会社のページをチェックするのをおすすめします。

LCCは予約からチェックインまで多くの作業をセルフで行うなど、従来の航空会社とは搭乗までの流れが若干異なります。少し戸惑ってしまうかもしれませんが、分からないことがあったらチェックインカウンターのスタッフに気軽に聞いてみてください。親切に教えてくれますよ!

チェックインが終わったら「保安検査」へ

チェックインと荷物を預けたら、次は「保安検査・セキュリティーチェック」です。検査自体は問題がなければすぐに終わるのですが、出発便が重なる時間帯は保安検査場が込み合います。出発時間に余裕をもって通過しておきましょう。

国内線と国際線で「保安検査」の内容が少し違うので、それぞれ紹介します。

国内線の保安検査とは?

国内線の保安検査では、身に付けている金属製品(時計やベルトなど)、電化製品(スマホやパソコン)、ペットボトルなどの液体物をトレーに置いて検査装置に通します。

ジャケットなどの上着はあらかじめ脱ぎ、ノートPC なども事前にバックから取り出しておくと検査がスムーズです。

刃物やカッター・ライターや花火など発火物をはじめ爆発物などは機内に持ち込みが禁止されています。

国際線の保安検査とは?

国際線も国内線と同じく、身につけている金属製品(時計やベルトなど)、電化製品(スマホやパソコン)、化粧品などの液体物をトレーに置いて検査装置に通します。

国際線独自の制限として、100mlを超える容器に入った液体の物は機内への持ち込みが禁止されています。機内に液体物を持ち込む場合は、ジッパー付きの透明の袋に入れる必要があるので事前に準備しておきましょう。

ジッパーのついた透明プラスチックの袋
(20cm×20cm)に入れてください。

保安検査の前に購入したペットボトルのジュースなどは、検査場で全て破棄する必要があるので注意してください。

国際線で100mlを超える液体物を運ぶ際は、預け荷物の中に入れればOKです。お酒やコスメなど海外旅行のお土産で大きい液体物を購入する場合は、航空券に預け荷物のオプションをあらかじめ付けておきましょう。

スーツケースに入れて、チェックインカウンターで
荷物を預け入れた場合は100ml(g)を超える液体物も可

国際線の乗客は保安検査の後出国審査へ

国際線を利用する方は「出国審査」がありますのでパスポートと搭乗券を用意しましょう。

出国審査を通過すると、免税店がある空港ではショッピングも楽しめます。夢中になりすぎて飛行機の搭乗時間を忘れないようにしてくださいね。

いざ飛行機に搭乗・LCCは時間厳守!

LCCが従来の航空会社と大きく違うのが搭乗の締め切り時間。定時運航のため、どのLCCも厳密に締め切り時間を守ります。余裕をもって国内線は30分前、国際線は45分前には搭乗ゲート前に到着できるようにしましょう。

国際線では搭乗の際にパスポートを再度チェックするので、搭乗券と一緒に持っておきましょう。

はじめてのLCC搭乗・意外と簡単!

搭乗ゲートを通過したら、あとはLCCの飛行機に乗り込むだけ。これから始まる空の旅にワクワクしますね!

はじめてのLCC搭乗は実際にやってみると意外と簡単。自分で行う手続きが少しありますが、そのひと手間でお得に空を飛べるなら活用しない手はないですよね。

憧れのあの場所をグッと身近にしてくれたLCC。あなたもLCC旅してみませんか?

撮影協力:春秋航空・春秋航空日本(Spring Japan)

(文:杉山茂幸・LCC STYLE編集部
撮影:LCC STYLE編集部 千田朋子
モデル:LCC STYLE旅 ガール 小林らら)

RANKING

  1. 1

    2017年10月11日より7日間限定のセールを開催するLCCチェジュ航空のイメージモデル東方神起
  2. 2

    ハロウィーンの名所・東京渋谷の交差点にて
  3. 3

    LCCピーチで仙台から気軽に行けるようになった台湾のSNS映え抜群なかき氷
  4. 4

    LCCピーチ・アビエーションの「弾丸スペシャル運賃」の対象期間が延長
  5. 5

    エアアジアの「弾丸チャレンジャーズ」キャンペーン