• LCC基本ガイド

はじめてのLCC!分かりやすい予約購入方法・空港アクセス

はじめてのLCC!分かりやすい予約購入方法・空港アクセス

LCCの基本が分かったら、次はチケットの予約。「予約の方法は?」「支払い方法は?」「予約したチケットの受け取り方法は?」など、分からないことって多いですよね。そんなはじめての方にも分かりやすいLCCのチケット予約・購入方法、おすすめの空港アクセスを紹介します。

LCCのチケットはどこで買えるの?

まずはLCCのチケットはどこで買えるのかを紹介します。LCCのチケットは「LCC各航空会社の公式ホームページ」、「LCC各社の電話窓口」、「比較サイト」「旅行代理店」で買うことができます。

LCC各航空会社のホームページからチケットを買う方法

24時間思い立った時にすぐ購入できるのが公式ホームページ。LCC各社の公式ホームページにパソコンやスマホからアクセスし、「日付」「出発地」「目的地」「利用人数」などを入力すると、簡単に「空席状況」と「価格」を調べることができます。自分のスケジュールにあった航空券があれば、そのまま予約・決済します。

支払い方法はクレジットカードが一般的ですが、コンビニ払い・携帯会社の料金と合算して払うことができるLCCもあります。

LCC各航空会社の電話窓口でLCCのチケットを買う方法

LCC各社が用意する電話窓口でも「空席照会」と「予約」が行えます。パソコン操作が苦手な方でもオペレーターが対応してくれるので安心です。はじめてLCCを利用する方はチケットの予約と同時に、チケットの発券方法なども教えてくれるのでぜひ活用してみて下さい。

ただし、電話窓口は受付時間が決まっているのと、インターネット予約より割高な手数料が発生するので注意してくださいね。

比較サイトでLCCのチケットを買う方法

まだ目的地しか決まっていない場合に便利なのが「スカイスキャナー」などの「航空券の価格比較サイト」。LCCだけでなく、大手航空会社と一緒に料金の比較ができ、航空会社のホームページを一つ一つチェックする必要がなく便利です。「Expedia」ではLCCの航空券と一緒にホテルも同時に割引金額で予約できるのでおすすめです。

Expedia

旅行代理店でLCCのチケットを買う方法

あまり知られていませんが、旅行代理店でもLCCの航空券の取り扱いが増えています。中でも増えているのがLCCで行くパッケージツアーです。LCCの航空券とホテルがセットになっていて、お得なツアーもあります。インターネットの予約は不安、対面が良いという方はぜひ活用してみてください。

空港にあるLCCのカウンターでも航空券を購入できますが、こちらは割高な手数料がかかるのでおすすめできません。出発地から目的地まで複数のLCCが就航している場合には比較サイトを利用すると、時間以外にも金額や付帯サービスなども比較できるのでとても便利です。支払い方法で「コンビニ支払」を利用する方は「支払い期限」があるので決済をお忘れなく。

出発当日LCCのチケットの予約確認書を忘れずに

LCCの航空券を予約すると、予約情報が記載された内容のメールが届きます(予約確認書)。LCCに乗る当日はその予約確認書に書かれた予約番号で航空券を発券するので忘れずに持参しましょう。

一部のLCCではウェブチェックイン・モバイル搭乗券など、スマートフォンがそのまま航空券になる航空会社もあります。

予約したLCCチケットの変更・キャンセル・払い戻しはできるの?

LCCのチケットを予約したあと、都合が変わって変更やキャンセル・払い戻しが必要な場合、どうしたら良いのでしょうか?変更やキャンセル・払い戻しの対応は各航空会社によって若干対応が異なりますので、ここでは就航路線が多い「ジェットスター・ジャパン」の例を紹介します。

ジェットスター・ジャパンの予約変更

ジェットスター・ジャパンでは搭乗便や日付の変更を行うことができますが、運賃クラスによって別途手数料が掛かります。変更後のチケットが高い場合は、元のチケットとの差額を別途支払う必要があります。

「Starter」の場合、ジェットスターのホームページから変更の場合だと一人あたり、1予約区間ごとに3,240円の手数料がかかります。コールセンターからの変更の場合だと一人あたり、1予約区間ごとに4,320円の手数料が掛かります。(※国際線は路線ごとに料金が異なる)

「Starter Plus」と「Starter Max」は変更手数料は不要です。スケジュールが変わることが多い方はあらかじめこのような運賃クラスで予約することをおすすめします。

ジェットスター・ジャパンでキャンセル・払い戻しする場合

ジェットスター・ジャパンの航空券を既に予約していて、予約自体をキャンセルする場合、購入した運賃クラスによって「払い戻し」の可否が変わります。「Starter」「Starter Plus」は不可、「Starter Max」は手数料を払う事でキャンセル・払い戻しが可能です。手数料はフライト区間によって若干料金が異なりますが、日本国内線では一人あたり、一回ごとの予約で3,090円の手数料がかかります。

参考:ジェットスター・ジャパン 手数料一覧

LCCの場合、予約の変更やキャンセルに別途手数料がかかることは利用前に知っておきたいポイントです。スケジュールの変更が多い場合は、あらかじめ予約変更に対応している運賃クラスを購入しましょう。

(文:杉山茂幸・LCC STYLE編集部)

RANKING

  1. 1

    2017年10月11日より7日間限定のセールを開催するLCCチェジュ航空のイメージモデル東方神起
  2. 2

    ハロウィーンの名所・東京渋谷の交差点にて
  3. 3

    LCCピーチで仙台から気軽に行けるようになった台湾のSNS映え抜群なかき氷
  4. 4

    LCCピーチ・アビエーションの「弾丸スペシャル運賃」の対象期間が延長
  5. 5

    エアアジアの「弾丸チャレンジャーズ」キャンペーン