冬でも楽しい!LCC函館旅おすすめ観光スポット

LCCバニラエアが就航する北海道・函館市にある函館市旧イギリス領事館の「ティールーム ヴィクトリアンローズ」のアフタヌーンティーセット

LCCバニラエアが就航する北海道・函館。長崎・横浜とともに日本初の貿易港として開港し、外国文化が根付いた函館の街は見どころがいっぱい。バニラエアが就航する2月3月はまだ厳しい寒さが続きますが、冬でも楽しめるお勧めの観光スポットを紹介します!

LCCバニラエアで函館へ!今週は函館特別連載

LCCバニラエアが函館に新規就航

LCCバニラエアが函館に新規就航

格安航空会社・LCCのバニラエア2月19日(日)に成田~函館線に新規就航翌3月18日(土)には関西~函館線も開設します。

今週のいがモバは「バニラエア函館就航直前企画」として、函館のお役立ち情報を連載で発信しています。

これまでに▼函館空港から市内へのアクセス情報 コスパに優れたおすすめのホテルについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

LCC就航!函館空港アクセスまとめ2017年版

2017.02.15

日本一の朝食も!函館LCC旅おすすめコスパホテル

2017.02.16

LCCの就航で初めて函館を訪れる方も増えると思います。そこできょうは初めての函館旅行にお勧めの観光スポットを紹介していきます。

初めての函館旅行はまずベイエリアへ!

函館市のベイエリアの「金森レンガ倉庫」

函館市のベイエリアの「金森レンガ倉庫」

初めて函館を訪れた際にまず訪れてほしいのがベイエリア。JR函館駅からは徒歩約15分、市電「十文字」駅から約5分ほどで到着します。

ベイエリアには観光名所の「金森(かねもり)レンガ倉庫」があり、国際貿易港として栄えていた時代の面影を感じることができます。

金森レンガ倉庫の中はお土産屋などが並ぶ

金森レンガ倉庫の中はお土産屋などが並ぶ

「金森レンガ倉庫」の中はリノベーションされ、お土産屋さんやレストランが並び、函館を代表する観光スポットになっています。

おしゃれで活気のあるベイエリアを歩くと函館に来たと強く実感することができます。ホテルに荷物を置いたらベイエリアから旅をスタートしましょう!

金森レンガ倉庫 公式HP

異国情緒あふれる「元町エリア」を散策

元町エリアのカトリック本町教会周辺

元町エリアのカトリック本町教会周辺

いがモバが函館で一番好きな観光地が元町エリアです。先ほどのベイエリアから徒歩10分ほどの場所に位置しています。

1859年、長崎・横浜と共に日本初の「国際貿易港」として開港した函館。外国人の居留地として定められた元町エリアには外国の領事館や教会が建てられました。明治の大火で焼失した後も異国情緒あふれる建物が再建され、今も数多く残されています。

元町エリアの一押しスポット「函館市旧イギリス領事館」

函館市旧イギリス領事館の外観

函館市旧イギリス領事館の外観

元町エリアで一押しのスポットが「函館市旧イギリス領事館」です。

イギリスは1859年(安政6年)の開港から1934年(昭和9年)までこの元町に領事館を構えていて、1913(大正2)年に竣工した当時のコロニアル建築がそのまま保存されています。函館市の有形文化財にも指定されています。

函館でイギリス気分!旧領事館でアフタヌーンティーを満喫

函館市旧イギリス領事館の「ティールーム ヴィクトリアンローズ」のアフタヌーンティーセット(1500円)

函館市旧イギリス領事館の「ティールーム ヴィクトリアンローズ」のアフタヌーンティーセット(1500円)

観光スポットとして有名な函館市旧イギリス領事館ですが、館内には英国式ティールーム「ヴィクトリアンローズ」があります。ここ、実は穴場のカフェとして口コミで人気を集めているんです。

「ヴィクトリアンローズ」ではイギリスでおなじみのアフタヌーンティーが1人1500円で楽しめます。ポットの紅茶・手作りのスコーンにジャム・サンドイッチ2個・ミニケーキが2個と、ランチ代わりになる程のボリュームです。

庭園を愛でながらゆったりとアフタヌーンティーを味わっていると、イギリスに来たかのように感じます。

函館市旧イギリス領事館内にある「英国雑貨 クィーンズメモリー」

函館市旧イギリス領事館内にある「英国雑貨 クィーンズメモリー」

ティールームの隣にはイギリスなどから輸入した紅茶や食器、雑貨などを販売するお店「英国雑貨 クィーンズメモリー」もあります。

ここでお土産を買って「LCCに乗ってイギリスに行ってきました」と渡すのも面白いかも知れませんね。

函館市旧イギリス領事館の公式HP

初めての函館旅行はやっぱり函館山へ!

函館山ロープウェイで山頂へ

函館山ロープウェイで山頂へ

元町エリアにはあの有名な函館山の山頂に登るロープウェイの乗り場があります。初めての函館旅行であれば、やはり一度は山頂に行ってみることをお勧めします。

函館山の山頂へはロープウェイで約3分。往復1280円です。

函館の街が一望できる

函館の街が一望できる

山頂の展望台からは天気が良ければこのように函館の街を一望できます。

函館山は夜景で有名ですが、昼間もとても美しい眺めを楽しむことができます。

山頂2階の「レストラン ジェノバ」で函館銘菓の函館メルチーズのケーキセット(980円)も楽しめる

山頂2階の「レストラン ジェノバ」で函館銘菓の函館メルチーズのケーキセット(980円)も楽しめる

そして山頂まで来たのならば、夜景も見てから帰りたいですよね。

日没後の暗くなるまでの時間をつぶすのにお勧めなのが、展望台内にあるレストラン「ジェノバ」。函館銘菓の「函館メルチーズ」を味わえるお得なケーキセット(980円)もあるので、お茶しながらまったり過ごせます。

人生で一度は見たい「100万ドルの夜景」

函館山山頂展望台からの夜景

函館山山頂展望台からの夜景

日没の時間から約20~30分後には函館の街が美しく輝き始めます。写真ではなく実際の目で見る「100万ドルの夜景」は感動です。LCCで気軽にこの夜景を見に来れるようになるのは嬉しいですよね。

函館は外国人観光客も多く、夕方以降は函館山に団体客が殺到します。ロープウェイなども混雑するので、函館山は昼間~日没の早い時間に訪れるのをお勧めします。

函館山ロープウェイ 公式HP

人混みを避けたければ五稜郭タワーがお勧め

函館の繁華街・五稜郭にある五稜郭タワー

函館の繁華街・五稜郭にある五稜郭タワー

人混みは苦手だけど函館の眺望も楽しみたい、という方には函館の繁華街「五稜郭」(ごりょうかく)にある五稜郭タワーがお勧めです。

市電「五稜郭公園前」で下車し徒歩約15分で到着します。2月・3月はまだ寒さも厳しく足元も悪いので、タクシーでの移動がお勧めです。

五稜郭タワーから見る五稜郭公園のライトアップ

五稜郭タワーから見る五稜郭公園のライトアップ

五稜郭タワーの展望台(高さ107メートル)からは五稜郭の星形の城塞を一望することができます。当時の測量技術・建築技術の高さに圧倒されますね。

函館山とは違って、こちらは人も少ないのでゆっくりと景色を楽しむことができます。

さらに2月28日までの期間限定で、堀の周りをイルミネーションでライトアップする「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」も開催していてます。(2月10日~28日は午後5時半に点灯)

午後5時からは通常・大人840円の展望料金が760円の夜間特別料金で利用できるので、ライトアップの前に合わせて行くのもお得ですね。

五稜郭タワー 公式HP

大自然を感じたければ大沼国定公園へ

JR函館駅から特急「スーパー北斗」で約20分 大沼公園駅へ

JR函館駅から特急「スーパー北斗」で約20分 大沼公園駅へ

ここまでは函館市内の観光名所を紹介してきましたが、旅程に余裕があれば函館周辺エリアにも足を延ばしてみるのをお勧めします。

JR函館駅から特急で約20分(指定席で片道1680円)、大沼国定公園では北海道の大自然を感じることができます。

真冬にも関わらず沢山の外国人観光客が訪れる大沼国定公園

真冬にも関わらず沢山の外国人観光客が訪れる大沼国定公園

真冬にも関わらず大沼公園には沢山の外国人観光客が訪れていました。

冬の大沼公園ではワカサギ釣りやスノーモービルなどが楽しめる

冬の大沼公園ではワカサギ釣りやスノーモービルなどが楽しめる

外国人観光客のお目当ては氷の上でのワカサギ釣りや、凍った沼の上を走るスノーモービルです。この時期ならではのアクティビティですよね。

ワカサギ釣りは用具・防寒具のレンタル料込みで1500円ほどから。スノーモービルも1500円ほどで乗ることができます。事前予約しておくと便利です。

アイスパーク・スノーマン(大沼合同遊船株式会社)(ほか何社かあり)

お金をかけなくても大自然を満喫できる!

大沼公園の散策路の案内地図

大沼公園の散策路の案内地図

ワカサギ釣りやスノーモービルなども楽しそうですが、実はお金をかけなくても冬の大沼国定公園を楽しむことができるんです。

大沼国定公園には散策路が整備されていて、冬も歩くことができます。4つのルートの中で一番眺めが良いのが「島巡りの路」です。

散策しながら大沼公園の大自然を満喫できる

散策しながら大沼公園の大自然を満喫できる

大沼国定公園の「島巡りの路」は一周約1時間ほどのコース。遠くに駒ヶ岳を眺めながら雪道を歩いていると、ちょっとした冒険をしているような気分になります。

音のない「真っ白な世界」は格別!天気予報を確認し、防寒対策をしっかり行って楽しんでみてくださいね。

大沼国定公園 ポータルサイト「まるごろ大沼」

冬でも楽しい!LCCで函館に気軽に遊びに行こう

取材した日は2月4日・5日に開催された「大沼函館雪と氷の祭典」用の「氷のジャンボすべり台」の設営中だった

取材した日は2月4日・5日に開催された「大沼函館雪と氷の祭典」用の「氷のジャンボすべり台」の設営中だった

LCCバニラエアが函館に新規就航する2月・3月はまだまだ寒さが厳しい時期です。でもそんな厳しい寒さだからこそ出来るウインターアクティビティもあり、楽しみ方は人それぞれ。北海道・函館は何度行っても新しい発見がある魅力的な街です。

今回紹介したお勧めスポットを中心に、ぜひ皆さんなりの函館の楽しみ方を見つけてみてくださいね!

【公式】バニラエア (Vanilla Air) - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約バニラエア (Vanilla Air) 公式HP 
いがモバ
北海道の観光というと夏のイメージがありますが、函館は冬でも楽しめる街です。函館は着目するポイントによって変幻自在に楽しめる街なので、ぜひ自分なりのお気に入りスポットを見つけてみてくださいね!明日は函館のおすすめグルメについて紹介します。お楽しみに!

1000円以下!LCC函館旅おすすめコスパグルメ

2017.02.18

この記事はブログ「いがモバ」で掲載されたものを移管したものです。

/ 関連記事 /

  1. ジェットスターのハイパーセール

    台北990円確保!ジェットスター ハイパーセール

    緊急のセール開催です。LCC「ジェットスター…
  2. 韓国のLCCティーウェイ航空の新規会員登録キャンペーン

    会員登録で1000円割引!ティーウェイ航空がお得

    韓国の人気LCC「ティーウェイ航空」がお得な…
  3. 香港エクスプレスの機体

    片道1200円!香港エクスプレスが本気セール開催

    香港のLCC「香港エクスプレス」が本気のセー…
  4. 明洞駅のコインロッカーの操作画面

    日本語OK!ソウル明洞のコインロッカーの使い方

    LCCの旅で便利なのが旅行先のコインロッカー…
  5. 天津浜海国際空港の国際線ターミナルでプライオリティパスに対応する「FIRST CLASS LOUNGE」

    天津空港でもOK!プライオリティパス対応ラウンジ

    世界中の空港の加盟ラウンジが利用できるプライ…
  6. 各種口コミが軒並み高評価なのは納得

    驚異の大満足ホテル!サンワンレジデンシス台北レポ

    エクスペディアの予約客の98%が「とても素晴…
  7. Vエアの機体に描かれたマスコットキャラクター「Vベア」

    最安は茨城空港4060円!Vエア日本全路線セール

    台湾のLCC「Vエア」が日本路線のセールを開…
  8. 香港エクスプレスのシューマイ号

    点心の機内食も!LCC「香港エクスプレス」搭乗記

    香港のLCC「香港エクスプレス」。今年の初夏…