• LCCニュース

春秋航空日本 冬ダイヤで成田~関西線を運休 佐賀線減便へ

関西空港に駐機する春秋航空日本(Spring Japan)の機体

LCC春秋航空日本(Spring Japan)が2017年10月29日からの冬ダイヤで成田~関西線を運休、佐賀線を1日1往復に減便することを発表。関西線は2016年9月の新規就航から約1年1か月で運休することになりました。速報をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

春秋航空日本(Spring Japan) 2017年冬ダイヤ スケジュール詳細

春秋航空日本の2017年冬ダイヤスケジュール(プレスリリースより)

春秋航空日本の2017年冬ダイヤスケジュール(プレスリリースより)

※成田~関西線は運休
※上記スケジュールは関係当局の認可が前提
※2018年1月16日以降は決定次第公表

「関東方面へのツアー需要が伸びず」状況を見て成田~関西線 再開へ

春秋航空日本の成田~関西の初便の記念ゲート(2016年9月28日撮影)

春秋航空日本の成田~関西の初便の記念ゲート(2016年9月28日撮影)

春秋航空日本(Spring Japan)は成田~関西線が初就航からわずか1年1か月で運休とすることにしたことについて、関西空港に発着する訪日旅行客の関東方面へのツアー需要が伸びず、今後十分な搭乗率が見込めないことを理由に挙げています。

春秋航空日本でお得に大阪へ!成田~関西初便レポ

2016.09.28

また、成田~佐賀線は2017年春ダイヤ(3月26日~10月28日)から1日2往復に増便していましたが、2017年冬ダイヤからは1日1往復に減便します。春秋航空日本(Spring Japan)はこの減便について、「利便性の良いダイヤが組めないため」としています。

成田~広島線は1日2往復体制を維持、成田~新千歳線も1日1往復の運航を継続しますが、新千歳線は成田発が14時55分、新千歳発が17時45分と昼・夕方発になるので、従来の早朝便よりは利用しやすくなるでしょう。

春秋航空日本(Spring Japan)の成田~関西線は競合4社の中で、価格が最も安いことが多く、リピーターの方にとっては残念なお知らせとなりますが、関西線の今後については「状況をみて再開する予定」としているため、今後の再開に期待したいですね。

執筆:五十嵐 貴文

関連URL:春秋航空日本(Spring Japan)

関連記事

  1. ティーウェイ航空の関西~済州線TW246便の初便の就航記念式典

    「東洋のハワイ」へ!ティーウェイ航空 関西~済州線就航

    2017年6月30日、ティーウェイ航空の関西…
  2. バニラエアの2017年6月9日スタートの「わくわくバニラ」セール

    香港4980円残席有!バニラエアが「わくわくバニラセール」

    バニラエアが「わくわくバニラセール」を6月1…
  3. LCCジェットスターグループが2017年12月12日より開催する「スーパースターセール」の案内

    3590円~!ジェットスターグループのスーパースターセール

    LCCジェットスターグループが2017年12…
  4. まだ海外旅行は高いと思ってる?香港エクスプレス往復予約で片道2,780円~!

    香港エクスプレス「まだ海外旅行は高いと思って…
  5. 【バニラエア】3日間連続タイムセール!開催中!!

    バニラエアは、昨日から3「日間連続タイムセー…

RANKING

  1. 1